WMFのパーフェクトウルトラ4.5リットル

WMFのパーフェクトウルトラ4.5リットルを2年前に購入して使っています。

価格は5万円ちょっとでした。

以前から圧力鍋を使って、レパートリーを増やしたいと思っていたのと、

友達に聞いて光熱費の節約と、調理時間の短縮になることをしったのがきっかけでした。

 

買ったのはデパートの食器売り場で、販売員の方に実際に調理しているところを見せてもらい、

試食もしてみて、よさそうだな、と思ってこれにきめました。

一生もの、と聞いていたので、こだわって一番いいと思ったものを買ったつもりです。

 

他のものとちょっと違うのは、鍋のふたにタイマーがついていて、そのランプで圧力の状態がわかることです。

鍋のふたをしめて、取っ手についたダイヤルで圧力の強さを決め、

タイマーで時間を設定して火に掛けると、圧力がかかりはじめたら赤いランプがつき、

設定した圧力になるとアラームがなるので、そこで弱火にします。

もう一度アラームがなったらタイマー終了の合図なので、火を消します。

赤かったランプが緑になって、点滅、それが消えれば、完全に圧力が下がっていることがわかります。

 

圧力鍋の面倒なところは、どの程度の圧力がかかっているのか

ふたの「ピン」を見て判断しなくてはいけないところだと思うのですが、

これはアラームやランプで知らせてくれるので安心して調理ができます。

 

これを使うようになってから、豚汁なども圧力がかかってから5分で出来、

ぷるぷるの茶碗蒸しや豚の3枚肉の煮物など、レパートリーが広がりました。

豚肉がほろほろっとおはしで崩れるくらいになるのは感動的です。

 

また、早く煮ることができるので、おでんなども時間がないときであっても作ろうと言う気持ちになります。

忙しいときは本当に重宝します。

どのくらいガス代の節約になっているのか、正確にはわかりませんが、

カレーなども30分くらい火にかけていたものが、10分くらいの加熱で終わるわけですから、

使えば使うほど節約になるはずです。

 

意外だったのは洗うのが楽なことです。

鍋の吹きこぼれや焦げ付きは洗うのが大変ですが、加熱時間が少ない分、焦げ付いたりしないし、

もちろんふきこぼれもないので、ほとんどやわらかいスポンジだけで洗うことができて、いつもぴかぴかです。

 

ただ、この製品の問題点は、結構重いことです。

何キロか計ってみたことはありませんが、片手で持つとプルプルするくらい重く

(ちゃんと両手でも持てるようにとってはありますが)、

シンクの下の収納から取り出すのはちょっと大変です。

 

タイマー部分はぬらしてはいけないので、洗うときにはずすことが必要ですし、

タイマーを壊してしまうと1万円くらいするので注意が必要です。

3L~3.5L圧力鍋比較
Wonder chef(ワンダーシェフ) ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L【快適生活】 送料無料★T-fal 圧力なべ(ワンタッチ開閉タイプ) クリプソ アーチ3.0L P4364031 アイボリー【快適生活】
【メーカー】ワンダーシェフ
【商品名】ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L
【強み】電磁調理器にも使用できます!
【メーカー】ティファール
【商品名】クリプソ アーチ3.0L
【強み】新感覚ワンタッチ開閉はティファールだけ!
WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L 【きれいに.com】 ラゴスティーナ 90 1810 圧力鍋 3.5L 【きれいに.com】
【メーカー】WMF
【商品名】パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L
【強み】安心・安全・簡単な圧力鍋で、あなたもお料理上手に!
【メーカー】ラゴスティーナ
【商品名】1810 圧力鍋 3.5L
【強み】浅型で煮魚にも使える大きさなのでとっても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL