最初は怖かったけど、慣れたら快適

以前からずっと欲しかった圧力鍋。

昨年、ある人からもらったカタログギフトの中に、ワンダーシェフの圧力鍋が掲載されていました。

これはチャンス、と思い、主人と相談してこれに決めました。

 

圧力鍋、使い始めて半年になりますが、結構活躍しています。

普通の鍋としても使っています。

一番よく使うのは、おでん、カレー料理です。

 

最初圧力鍋に慣れていないときは、扱いが面倒でしたが、慣れれば圧力鍋はとても便利です。

説明書も読むのが苦手なため、最初、ざっと説明書に目を通しただけで使用したら、

ちょっとびっくりすることがありました。

圧力鍋の弁の部分から蒸気が大量に出てしまってすごく焦ったことです。

圧力鍋は使用前はきちんと説明書を読んだ方がいいですね。

 

圧力鍋は、最初強火で圧をかけてから、そのあと弱火にします。

そして時間がたったら火を止めるのですが、そのときはまだ圧がかかっている状態。

フロートというものがワンダーシェフにはついているのですが、圧がかかるとこれが上に上がります。

圧が下がったところでフロートが下がるのですが、

最初はフロートが下がっているのか上がっているのか見づらいかもしれません。

私はフロートがまだ上がっている間に、弁をとりはずしてしまったため、

急に蒸気がでてきてすごい音がしてとてもびっくりしました。

壊れるのかと思ってとても焦りました。

フロートはきちんとさがってから、慎重に弁をとりはずしたほうがいいでしょう。

 

また、圧力鍋は、きちんとふたをして確認することが大事です。

慣れないと、きちんとふたをしめるのが難しく感じます。

鍋も普通の鍋より重いので、ちょっといらいらするかもしれません。

しかし、そのうちに慣れてきます。

 

ワンダーシェフには、レシピ集がついています。

私はこのレシピ集を参考にいくつか作ってみました。

数は少ないので慣れてきたら、ワンダーシェフのサイトに

いろいろなレシピが載っているのでこちらを参考にしてみると良いでしょう。

 

得意のカレーは、数十分。

味もおいしく、今まで鍋でかきまぜたり、こげつきを気にしながら時間もかかっていたのですが、

そのストレスがなくなりました。

材料を簡単に鍋の中でいためてそのあとは水をいれ、あとは圧をかけるだけ。

私は昼間にここまでをすませ、夜にルーをいれたら完成という状態にしておくことがよくあります。

 

あとは、主人が好きなさんまとゴボウの煮物が得意です。

ゴボウはほんとうにやわらかくなりますし、さんまはまるごと食べられます。

カルシウムもばっちりとれます。

3L~3.5L圧力鍋比較
Wonder chef(ワンダーシェフ) ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L【快適生活】 送料無料★T-fal 圧力なべ(ワンタッチ開閉タイプ) クリプソ アーチ3.0L P4364031 アイボリー【快適生活】
【メーカー】ワンダーシェフ
【商品名】ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L
【強み】電磁調理器にも使用できます!
【メーカー】ティファール
【商品名】クリプソ アーチ3.0L
【強み】新感覚ワンタッチ開閉はティファールだけ!
WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L 【きれいに.com】 ラゴスティーナ 90 1810 圧力鍋 3.5L 【きれいに.com】
【メーカー】WMF
【商品名】パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L
【強み】安心・安全・簡単な圧力鍋で、あなたもお料理上手に!
【メーカー】ラゴスティーナ
【商品名】1810 圧力鍋 3.5L
【強み】浅型で煮魚にも使える大きさなのでとっても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL