10年前の圧力鍋はまだまだ使えます

t-fal製の4Lくらいの圧力鍋を使用しています。

圧力鍋に興味を持ったきっかけは、主人の母が看護士をしていて

料理の時短のために使っていました。

それまでは何時間も時間をかけて煮込み料理をしており、

あまりにも時間がかかりそうなときには七輪で一日中煮込んだ経験もあります。

 

t-falの圧力鍋を選んだ理由は、有名なメーカーであることと頑丈そうであること、

お手入れはしやすいか、使用方法が簡単か、

その圧力鍋でいろいろな料理が作れるかを考慮した結果、

一番しっくりきたのがt-falの圧力鍋でした。

 

圧力鍋を購入した場所はイオンで購入しました。

圧力鍋の値段は当時で2万をかるく超えました。

主人の給料だけで生活していた当時はかなり決断のいる買い物でした。

 

圧力鍋を初めて使った時の感想は意外と音が大きくて気になったことです。

主人の母が使っていたときにはなぜか気にならなかったのに

自分が使ったときにはその音に恐怖すら感じました。

 

圧力鍋を買ってからはおつまみはもちろんのこと、離乳食をつくるために重宝しました。

圧力鍋を購入してから5年後くらいに働きにでたのですが、

仕事が終わってから料理をするのに時短になりとても助かりました。

 

t-falの圧力鍋は欠点があまりないのですが、しいていえば、頑丈な分重いです。

わたしは157cmですが、わたしより小さな方は

すこし圧力鍋を移動させたりするのがたいへんかもしれません。

 

あとは圧力鍋の本体はなべ底も厚みがあり丈夫でいつまでも使えそうですが、

フタと鍋を密着させるゴムがダメになればお終いかなという感じです。

もうすでに10年も使わせてもらっているので十分かもしれませんが、

主人の母の圧力鍋は20年を超えたものなので私もまだまだ使いたいところです。

 

圧力鍋でよく作る料理は子供たちがお通じがでなくなったときに野菜をたっぷり入れて、

野菜の原型がなくなるまで煮込んだ野菜スープ、

豚のなんこつをトロトロになるまで煮込んだなんこつの味噌煮などをよく作りますが、

カレーや肉じゃがなども普通に圧力鍋で作っています。

 

圧力鍋のお手入れはこれといって特別なものは何もなく、お茶碗を洗うついでに洗うくらいです。

圧力鍋で失敗する事といえば、煮込みすぎて肉じゃがなんかのじゃがいもがなくなることくらいでしょうか。

それとたまに真空状態がつくれず、圧力鍋の意味をなさないことがあるので、

ちゃんと真空状態になっているかの確認が毎回必要だと思います。

 

これから圧力鍋の購入を検討している方へ。

圧力鍋はとてもいいです。

私は圧力鍋を購入して10年ですが週一ペースでいまだに使用しています。

どんなに高い圧力鍋でも元は取れますよ。

3L~3.5L圧力鍋比較
Wonder chef(ワンダーシェフ) ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L【快適生活】 送料無料★T-fal 圧力なべ(ワンタッチ開閉タイプ) クリプソ アーチ3.0L P4364031 アイボリー【快適生活】
【メーカー】ワンダーシェフ
【商品名】ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L
【強み】電磁調理器にも使用できます!
【メーカー】ティファール
【商品名】クリプソ アーチ3.0L
【強み】新感覚ワンタッチ開閉はティファールだけ!
WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L 【きれいに.com】 ラゴスティーナ 90 1810 圧力鍋 3.5L 【きれいに.com】
【メーカー】WMF
【商品名】パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L
【強み】安心・安全・簡単な圧力鍋で、あなたもお料理上手に!
【メーカー】ラゴスティーナ
【商品名】1810 圧力鍋 3.5L
【強み】浅型で煮魚にも使える大きさなのでとっても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL