ティファールの圧力鍋を買ってよかったと思うわけ

数年前に、ティファールの圧力鍋(6L)を購入しました。

お値段は、ディノスの通販で大体1万5千円ほどだったように記憶しています。

 

購入当初はあまり使用していませんでした。

というのも子供が小さくてあまり大鍋でつくるほどのものを作らなかったです。

鍋が思ったよりも大きいので、ル・クルーゼの小さい目の鍋で煮込み料理は間に合っていました。

 

しかし、現在は大活躍です。

小学生高学年の子供二人と夫婦のカレーなどは結構な量になるので、

圧力鍋で簡単に作ることができ、手抜き料理の一品になりました。

これなら仕事をしていても煮込み料理はつくることができます。

 

シチュー・カレーなどは野菜・肉を朝10分程、圧力鍋で炊いて置き、

夕方にルーを入れて10分程煮込むので簡単です。

そのほか我が家では大根と豚肉を炊いたものや、

ポトフ、そして豆を大量に食べたいので、大豆の水煮を作ります。

スペアリブなどの肉の塊料理、イワシやサンマの骨まで食べられる甘辛煮、

ボルシチの為の牛骨スープ、豚骨スープも手軽に作ることができます。

 

また、飼い犬に手作り食を与えているので、肉の塊と吸水させた赤米を入れ

10分程火にかける程度なので負担には感じません。スープを取った後の骨は犬のおやつにもなります。

初めて使うときはあの圧力の抜ける音が怖く、使い方が間違っていて、

鍋が破裂しないか心配してキッチンから離れていましたが、

要領を得ると説明書以外のレシピも感覚で作れるようになりました。

 

もちろん、失敗もあります。

大豆を調理した時の事です。

大豆のゆで汁が粘り気があり、大豆の皮が蒸気の吹き出し口を塞いでしまいました。

変な音がしたので、気が付き、慌てて火を止めました。

これは大豆の上にの落とし蓋を乗せる事で皮が浮き上がるのを防ぐことによって解決することができました。

 

圧力鍋の難点は、洗うのがやや面倒な事です。

どうしても煮込み料理が多いので、肉のあくが内側にこびりつきやすいのと、

蓋などの細かいところの洗浄は面倒です。

プラの部分に着いた油も洗いにくいです。

 

もう一つは、かさばることです。

他の鍋と蓋をとって、重ねて収納はできないので、ウチの狭いキッチンでは結構な場所を取ります。

 

もう一点。

順番に野菜を入れたい料理や、黒豆などの繊細な火加減が要求されるものは

厚物の鍋でコトコト炊く方がうまくいく気がします。

圧力鍋では風呂吹き大根等も大根の水分が抜けすぎる気がします。

あくまでも私の感想で、使い方が悪いのかもしれません。

 

購入される方へ。

面倒な煮込み料理が短時間でできるので、本当に助かっています。

煮込み料理は大量に作る事が多いので、大き目を購入されてもよいと思います。

3L~3.5L圧力鍋比較
Wonder chef(ワンダーシェフ) ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L【快適生活】 送料無料★T-fal 圧力なべ(ワンタッチ開閉タイプ) クリプソ アーチ3.0L P4364031 アイボリー【快適生活】
【メーカー】ワンダーシェフ
【商品名】ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L
【強み】電磁調理器にも使用できます!
【メーカー】ティファール
【商品名】クリプソ アーチ3.0L
【強み】新感覚ワンタッチ開閉はティファールだけ!
WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L 【きれいに.com】 ラゴスティーナ 90 1810 圧力鍋 3.5L 【きれいに.com】
【メーカー】WMF
【商品名】パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L
【強み】安心・安全・簡単な圧力鍋で、あなたもお料理上手に!
【メーカー】ラゴスティーナ
【商品名】1810 圧力鍋 3.5L
【強み】浅型で煮魚にも使える大きさなのでとっても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL