信頼できるメーカーの丈夫なものを選ぶとよいです。

百貨店のキッチンウェアコーナーで、

何気なく圧力鍋を手に取ったことがきっかけでした。

 

店員さんに「料理のレパートリーが増えますよ。

驚くほど柔らかいシチューなど簡単につくれますよ。」など教えてもらい、

いくつか料理も紹介してもらいました。

 

それまでは、圧力鍋は恐いというイメージが強くて

私には使いこなせないと決めつけていました。

しかし料理もマンネリ気味ですし、店員さんの話を聞くとそんなに構えることもなさそうですし、

一歩踏み出す勇気も必要だな、と思いはじめました。

 

そんな思いを抱えながら過ごしていましたが、

数日後アウトレットモール内のティファールのお店で

4.5リットルの圧力鍋を購入しました。

 

おそるおそる初めてつくった料理は、蒸し野菜でした。

水を300cc沸騰させ、付属のかごに人参、さつまいも、かぼちゃ、

など主に根菜類を並べ入れ、2分ほど加圧しました。

 

これは離乳食を開始した子どもには好評だったようで、

口のまわりをべたべたにしながら手づかみでおいしそうに食べていたのを思い出します。

普通にゆでた野菜と比べて、素材の甘みが深くて味が濃厚なのが大人の私でもわかりました。

 

その日から我が家の料理の献立がかわりました。

夕食には圧力鍋で作ったものがひとつは並べられるようになりました。

ティファールにはレシピ本がついてくるのですが、

順次作ってみたいものから挑戦していきました。

 

サバのみそ煮やヒジキといった定番料理も圧力鍋で作ると、

はしでつかんだ感触が違ってホロホロとし、とろけるような美味しさでした。

 

義理の両親を自宅に招いた時には、お赤飯、けんちん汁、五目豆、筑前煮など、

作り置きできる料理も含めてほとんどを圧力鍋で仕上げました。

 

圧力鍋は豆料理が得意と言われますが、黒豆は我が家の定番です。

一晩水に浸した黒豆を煮豆にするのですが、

普通の鍋だと時間がかかるうえに皮にシワがより、

少しかたさが残ることが多く、子どもに食べさせるのが心配でした。

しかし、圧力鍋ですと事前に水に浸すことは必要ですが、

高圧10分の加圧時間の後自然放置で柔らかい煮豆になり、

安心して食卓に出せるようになりました。

 

何より市販の煮豆は、甘さ控えめと表示されていても、

私には甘くてあまり購入したくなかったのですが、

圧力鍋のおかげで砂糖の量を減らして自分好みの味に仕上げられるので、

助かっています。

 

加圧時間を設定する際に、キッチンタイマーを使用しますが、

キッチンタイマーに気を取られ、ガスの火をとめるのを忘れてしまった

という失敗がありました。

秋刀魚の有馬煮だったのですが、焦がしてしまい、

なべ底の焦げ付きを取るときは悲しかったです。

もちろん時間通りに加圧した有馬煮の味は最高においしく、

骨まで食べられてカルシウムもしっかりとれます。

 

圧力鍋を購入して5年以上経ちますが、

取っ手の部分が少し焦げ付いていますが、いまだに大活躍です。

長い間使えるものなので丈夫なもので信頼できるメーカーのものを、

時間をかけて選ぶことをお勧めします。

3L~3.5L圧力鍋比較
Wonder chef(ワンダーシェフ) ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L【快適生活】 送料無料★T-fal 圧力なべ(ワンタッチ開閉タイプ) クリプソ アーチ3.0L P4364031 アイボリー【快適生活】
【メーカー】ワンダーシェフ
【商品名】ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L
【強み】電磁調理器にも使用できます!
【メーカー】ティファール
【商品名】クリプソ アーチ3.0L
【強み】新感覚ワンタッチ開閉はティファールだけ!
WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L 【きれいに.com】 ラゴスティーナ 90 1810 圧力鍋 3.5L 【きれいに.com】
【メーカー】WMF
【商品名】パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L
【強み】安心・安全・簡単な圧力鍋で、あなたもお料理上手に!
【メーカー】ラゴスティーナ
【商品名】1810 圧力鍋 3.5L
【強み】浅型で煮魚にも使える大きさなのでとっても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL