圧力鍋の怖いというイメージがなくなりました。

実家の母が圧力鍋でサンマやイワシの甘露煮をよく作っていたので、

結婚当初から欲しいなとは思っていました。

 

結婚後6年ほど経った頃に圧力鍋を使うようになったのですが、

購入までに時間がかかったのには理由があります。

それは私が昔のタイプの圧力鍋しか見たことがなかったから・・・。

 

実家にあった圧力鍋は蓋についた圧力の調整弁がクルクル回って、

そこから勢いよくシューっと蒸気がふき出たりして、

今にも爆発するんじゃないかとビクビクしながら見ていた記憶があるのです。

 

ある時、普段買い物に行っているドラッグストアのポイントがかなりたまっていたので、

商品交換のカタログを見ていたら、片手鍋タイプで小さめで、

しかも色合いもピンク色ととてもかわいらしい圧力鍋が載っているのを見つけました。

その圧力鍋は私が持っているポイントでも交換可能でしたので、

早速、ネットショップで同じ商品の使い方やレビューなどを見て、使用感を調べてみることにしました。

 

調べた結果、私の中では好印象でしたので、

ドラッグストアで圧力鍋とポイントの交換を申込みました。

1週間ほどで手元に届いた圧力鍋はそれほど大きくなく

(実家の圧力鍋は大きかった!!)、4人家族にぴったりなサイズです。

 

難しいと思っていた圧力鍋も使ってみたら、案外簡単なんだと実感しました。

材料を鍋に入れ、蓋をカチっと音がするまでロックして、

強火にして火にかけ、圧力鍋の弁についたおもりが上にあがったら、

弱火にして指定時間がすぎるまでそのままで待つだけ。

そして、火からおろして、おもりが下に下がるのを待って、蓋を開けたら完成です。

 

私が圧力鍋でよく作るのは、冒頭でも書いたサンマやイワシの甘露煮です。

圧力鍋で作る甘露煮は骨まで食べることができ、残るのは頭としっぽだけです。

焼き魚だとどうしても骨と骨についた身も残ってしまいがちですが、

甘露煮にするとほとんど余すことなくいただけるのです。

また、子供たちに食べさせるのに、骨が口の中にささったなどの心配もなく、

魚をいただけるのです。

 

甘露煮を作るときには上白糖ではなく、三温糖を使うとコクがでて、

とてもおいしく出来上がるので、オススメです。

 

それから、よく作るのは豚ボイルホルモンを使った土手煮と言われる名古屋名物の味噌ベースの煮物。

豚ボイルホルモンだけを圧力鍋で柔らかく煮て、

その後、大根やこんにゃく、にんじん、ゆで卵などを入れて、味噌ベースの調味料を入れて煮込むのです。

お酒もすすむ味でとてもおいしいです。

 

あとはカレー、シチューを作る時にルーを入れる前の行程を圧力鍋で行ったりします。

具がすぐに柔らかくなるので、光熱費の節約にもなります。

 

インターネットのレシピ検索サイトでも圧力鍋を使ったレシピをたくさん目にするので、

料理のレパートリーも増えます。

圧力鍋は本当に購入(ポイント交換)してよかったと思っています。

どうして、もっと早く買わなかっただろうとさえ思います。

3L~3.5L圧力鍋比較
Wonder chef(ワンダーシェフ) ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L【快適生活】 送料無料★T-fal 圧力なべ(ワンタッチ開閉タイプ) クリプソ アーチ3.0L P4364031 アイボリー【快適生活】
【メーカー】ワンダーシェフ
【商品名】ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L
【強み】電磁調理器にも使用できます!
【メーカー】ティファール
【商品名】クリプソ アーチ3.0L
【強み】新感覚ワンタッチ開閉はティファールだけ!
WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L 【きれいに.com】 ラゴスティーナ 90 1810 圧力鍋 3.5L 【きれいに.com】
【メーカー】WMF
【商品名】パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L
【強み】安心・安全・簡単な圧力鍋で、あなたもお料理上手に!
【メーカー】ラゴスティーナ
【商品名】1810 圧力鍋 3.5L
【強み】浅型で煮魚にも使える大きさなのでとっても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL