時短・節約になる圧力鍋

購入した圧力鍋は「ティファール クリプソアーチ 6L」です。

購入場所は、船橋にあるスーパービバホームです。

値段は9980円の10%引きでした。

たまたま現金購入の場合10%引きになるセールを開催していたので、

ネットで購入するよりも、はるかに安かったです。

 

圧力鍋に興味を持ったきっかけは、子供が産まれ、離乳食を作る事でした。

育児に追われ、なかなかキッチンに立つ時間が限られている中、

あまりベビーフードばかりを頼るのも嫌だなと思った事から、

時短で栄養が取れて、しかもたっぷり作れるとなると圧力鍋を使用する方法しか思い浮かばなかったのです。

 

圧力鍋は、重くて使い方が難しいという既成概念がありましたが、

いざ使ってみると、短時間でお肉や野菜が柔らかくなり、

火の加減も難しくなく、一番はずっとキッチンに立っていなくても良いというメリットがありました。

 

常に噴出さないかとか、焦げないかとか心配しなくても、

圧力鍋に材料を入れておけば、あっという間に出来上がっているのです。

圧力鍋を使っていなかった時とは比べ物にならないくらいに、時間に余裕が出来ました

子供と接する時間も増えたのが嬉しかったです。

 

圧力鍋の欠点といえば、やはり重たいということでしょうか。

本体も蓋も重たいです。

6Lとなると、かなりの大きさにもなりますので、収納場所もかなり幅広く取られてしまいます。

洗う際も、重たいので慎重に洗わないと危ないです。

夏場は比較的使用頻度が低くなるので、手持ちぶたさを感じる事もあります。

 

良く作る料理は、手羽元と大根と卵の甘辛煮です。

手羽元は、ホロホロと骨からお肉が剥がれ落ち、子供達も食べやすいようで大好きな一品です。

手羽元は比較的低価格で売られているので、季節を問わず食卓に出る料理です。

 

圧力鍋の手入れは、特に普通のお鍋と変わりません。

少し重たいだけです。

蓋の部分にパッキンがあるので、それを取り外し、洗って乾かします。

パッキンには、寿命があるので、良く確認をしながら使用した方が良いです。

 

失敗した事といえば、圧力鍋に通常の蓋がついていないので、

追加で購入するか、サイズの合う蓋を探すかしたいと思います。

 

私が購入する際に悩んだ事は、4Lにするか6Lにするかでした。

結局価格が6Lの方が安かったので、今回6Lを購入しましたが、

4人家族だと4Lでも十分だったかなと思いました。

大量に作って、ストックを保存する家庭だったり、4人家族以上の方は6Lで良いと思います。

3L~3.5L圧力鍋比較
Wonder chef(ワンダーシェフ) ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L【快適生活】 送料無料★T-fal 圧力なべ(ワンタッチ開閉タイプ) クリプソ アーチ3.0L P4364031 アイボリー【快適生活】
【メーカー】ワンダーシェフ
【商品名】ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L
【強み】電磁調理器にも使用できます!
【メーカー】ティファール
【商品名】クリプソ アーチ3.0L
【強み】新感覚ワンタッチ開閉はティファールだけ!
WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L 【きれいに.com】 ラゴスティーナ 90 1810 圧力鍋 3.5L 【きれいに.com】
【メーカー】WMF
【商品名】パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L
【強み】安心・安全・簡単な圧力鍋で、あなたもお料理上手に!
【メーカー】ラゴスティーナ
【商品名】1810 圧力鍋 3.5L
【強み】浅型で煮魚にも使える大きさなのでとっても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL