圧力鍋を30年使い続けて

私の勤務先は飲食業界ですので、私の圧力鍋との出会いは、ある意味で必然でした。

何時ものように新店オープンにお手伝いに行った時に、

食器等を含む厨房調理器具の納品チエックの人数が不足したために

急きょ手伝う事になり、厨房の大きな寸胴のような、圧力鍋を見つけたのでした。

 

その時に厨房の責任者の方に、シチュー等の煮込み料理にこれが在るのと無いのとでは、

家庭の料理時間も出来上がりも、随分違う事を教えて貰ったのでした。

 

それからしばらくは考えたのですが、どうしても私も圧力鍋を欲しい

という気持ちが変わらず、厨房備品の専門店まで休日に出かけたのです。

 

その頃はまだ、一般家庭には圧力鍋が今ほど浸透していなかったので、

圧力鍋の5万円という価格は随分高価品で、

店舗の前に立ちながら、躊躇した事を記憶しています。

 

ところが、この圧力鍋の持久力は怖い程で、

購入してから現在まで約30年間、一度も壊れることも汚れることもなく、勿論サビ一つ無く、

我が家では一日置き位に調理に活用しているといった超優れものです。

 

ですから、私のカレーは家族に好評ですが、至って手抜きのカレーです。

先ず圧力鍋に、水、玉ねぎペースト、白ワイン、胡椒、鶏がらスープ、

リンゴのすりおろし、ケチャップ、ソース、そして、バター一欠片、

最後にカレーのルーを入れて、一煮立ちさせ味見。

 

それでOKならば、肉も全ての具材を投入しふたを閉め、

加熱のスタートで5分ほど、強火から中火程度で放置してから火を止め、

放置しておくだけで、基本的に美味しいカレーが出来上りなのです。

 

食べる直前に改めて加熱するだけで、プロ級のカレーの様相となるのです。

勿論、煮豚もコーラを入れて圧力鍋での自家製ですが、

圧力鍋の好きな所は、短時間調理が可能で、

しかも、中までしっかり味が染み込んでくれるので、

肉じゃがでも、ポテトサラダの湯がく時間の短縮にはもってこいの品で、

私のように、仕事を持ちながらの主婦には大きなお助けマンですし、

高齢者のご家族には、芯まで柔らかい食事が出来るので、

本当にこの上なく賢い調理器具だと思うのです。

 

又、事前に野菜類を細かくカットさえしておけば、

コンソメやポタージュ等のスープもまろやかに出来上がるのです。

 

最近は価格も安価なものから、高価なものまで出てきていますが、

この値段の差は、圧力の差だと思って出来る事ならば、

一生ものの調理器具ですから多少、高価な圧力鍋のほうが、

光熱費や遠い先を考えると、かなり、お得だと思います。

3L~3.5L圧力鍋比較
Wonder chef(ワンダーシェフ) ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L【快適生活】 送料無料★T-fal 圧力なべ(ワンタッチ開閉タイプ) クリプソ アーチ3.0L P4364031 アイボリー【快適生活】
【メーカー】ワンダーシェフ
【商品名】ネオ・ロタ片手圧力鍋 3L
【強み】電磁調理器にも使用できます!
【メーカー】ティファール
【商品名】クリプソ アーチ3.0L
【強み】新感覚ワンタッチ開閉はティファールだけ!
WMF パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L 【きれいに.com】 ラゴスティーナ 90 1810 圧力鍋 3.5L 【きれいに.com】
【メーカー】WMF
【商品名】パーフェクトプラス 圧力鍋 3.0L
【強み】安心・安全・簡単な圧力鍋で、あなたもお料理上手に!
【メーカー】ラゴスティーナ
【商品名】1810 圧力鍋 3.5L
【強み】浅型で煮魚にも使える大きさなのでとっても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL