T-falの6L圧力鍋

現在、私が使っているのはT-falの6Lの圧力鍋です。

結構大きさもあるのですが、大は小を兼ねるということで購入しました。

 

T-falとの出会いは旅行先の御殿場のプレミアムアウトレット内にあるお店です。

圧力鍋に興味を持ち始めていた私が、家族の目を盗んでT-falのお店に入り、

店員さんにあれこれと話を聞き、惚れ込みました。

そして、新商品が出たので値段が下がったという商品が3万円前後で販売されていたと思います。

 

とはいえ、その商品が性能的にすごく劣るというのではちょっとと思ったので、

新商品と何が違うのか聞いたら、ガラスの蓋がついているかどうかの違いで、

性能的には変わらないとのことだったので、その場で即決しました。

 

最初は、とりあえず説明書を熟読。

そして手順を追って事前のお湯沸しなどをした後に、最初に調理したのは念願のカレーでした。

 

 

我が家のカレーは、豚バラの塊肉を使うので、

以前は3~4時間煮こむものでした。

時間もかかるし目も離せなしと結構大変だったのですが、

これがあっという間にできてというか、

以前の1/3の時間くらいでできるようになりました。

 

 

材料を炒めて、順に鍋に入れていき蓋をして、圧がかかった後には20分もすれば、

ばら肉もトロトロになっています。

ちょっと、ジャガイモはあっという間に溶けてしまうので後から投入になりますが、

ジャガイモを入れて、圧がかかった後、2分くらいでもう柔らかくなっているのは驚きです。

後は、ルーを入れて少し煮こんで出来上がり。

あっという間です。

 

 

しかも、蓋ががっちりとしているのにも関わらず、

ボタン一つでポンと簡単に開け閉めができ、

圧が高い時には絶対に動かないという頑丈さが

また安心感があります。

 

 

 

シチュー系はもちろん、肉じゃが、角煮などの煮物料理には、

時短でできるのと、しっかりと味が染み込むので助かっています。

 

私は、まだチャレンジしていないのですが、ご飯を炊くと美味しいみたいです。

お友達は、炊飯器が壊れてとりあえず圧力鍋で試しに作ってみたら、

時間もかからずしかも美味しいとのことで、

病み付きになりかれこれ2年以上圧力鍋で毎日ご飯を炊いています。

 

送料無料★圧力なべ(ワンタッチ開閉タイプ)  クリプソ アーチ6.0L P4360731/P4360732【快適生活】

 

 

圧力鍋のデメリット

圧力鍋のいいところばかりをお伝えしてきましたが、

使いづらいところというと、少し重たいというところでしょうか。

本体もですが、やはり蓋も結構重たいです。

 

後は、洗う時にすべてを分解できないので、

ここは大丈夫?という部分があったりしますが、

しっかりゆすいでいるので、大丈夫だと思っています。

 

昔、母が使っていた圧力鍋はキッチンのあちこちが蒸気で汚れるし、

扱いが大変というイメージがあったのですが、思った以上に汚れることもないので、

買ってよかったキッチングッズのベスト5にはランクインしています。

 

実際に見て触って、どんな風に使用するかとかを説明してもらって購入した方が

後悔しないと思うので、購入で悩んだ時には、

専門店に行ってあれこれと聞いて見るのが一番だと思います。

 

送料無料★圧力なべ(ワンタッチ開閉タイプ)  クリプソ アーチ6.0L P4360731/P4360732【快適生活】